<連絡先>

〒305-8571
茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学数理物質系物理学域
宇宙観測研究室
電子メール:kuno.nario.gt_AT_u.tsukuba.ac.jp
筑波大学 WEBサイトへのリンク

宇宙観測研究室ホームページへようこそ。

本研究室では、サブミリ・テラヘルツ波や赤外線において地上で唯一最高の観測環境にある南極内陸部高原地帯に口径10m級テラヘルツ望遠鏡を建設し、 可視光では見えない遠方宇宙にある暗黒銀河等の観測を目指しています(南極天文学の推進)。 また電波干渉計ALMA、野辺山45m鏡、ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡なども用いて、我々の銀河系の構造、星形成領域、系外銀河、活動的銀河中心核 と巨大ブラックホール、銀河の形成と進化、最遠方銀河などの観測的研究を行っています。

トピックス

 
2022年7月1日 助教の橋本拓也さんらの共同研究がプレスリリースされました。133億年前の銀河で回転運動を明らかにしました。
2022年6月1日 新しく助教の本多俊介さんが着任しました。
2022年5月26日 一般市民(中学生以上)向けの第13回七夕講演会が、7月9日(土)にオンラインで開催されます(無料)。皆様のご参加を心よりお待ちしております (参加方法はこちら)。
2022年4月7日 助教の橋本拓也さんらの共同研究がプレスリリースされました。最遠方銀河の候補天体の発見です。
2022年3月5日 助教の橋本拓也さんが2021年度日本天文学会欧文研究報告(PASJ)論文賞を受賞し、受賞講演を行いました。
2022年2月3日 4年生の相原さんが学類長賞を受賞しました。
2022年2月3日 4年生の石川みなみさんが 卒論発表ベストプレゼンテーション賞に選ばれました。題目は「南極30cmサブミリ波望遠鏡構造体の熱解析に関する研究」です。
2021年11月30日 助教の新田冬夢さんが退職しました。
2021年9月30日 研究員の齋藤弘雄さんがつくばエキスポセンター、Dragan Salakさんが北海道大学へ異動しました。
2021年8月23-26日 大学院生の石井希実さん、河原沙帆さん、浦遼太さんが2021年度 第51回天文・天体物理若手夏の学校で講演を行いました。
2021年8月16-20日 銀河・銀河間ガス研究会2021を開催しました。大学院生の石井希実さん、浦遼太さんがグループワークで最優秀賞を獲得しました。
2021年6月9日 橋本拓也さんが、令和3年度 筑波大学若手教員特別奨励賞を受賞しました。
2021年6月9日 一般市民(中学生以上)向けの第12回七夕講演会が、7月11日(日)にオンラインで開催されます(無料)。皆様のご参加を心よりお待ちしております (参加方法はこちら)。
2021年5月27日 橋本拓也さんが、NHK BS コズミックフロント 「すばるとアルマから 親愛なる宇宙へ」に出演し、アルマによる最遠方銀河の観測成果を解説しました (再放送予定: 6月2日)。
2021年4月7日 橋本拓也さんが、令和3年度 文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました。アルマ望遠鏡による、最遠方銀河の観測成果です。
2021年4月1日 新たに博士課程1年に2名、修士課程1年に8名、卒業研究生6名、研究生1名が配属されました。
2021年3月25日 学位授与式。学士5名修士6名、博士4名。
2021年3月25日 大学院生の奈良誠大 さんが、令和2年度 物理学専攻長賞を受賞しました。
2020年11月13日 大学院生の奈良誠大 さんが、第25回大気化学討論会において、学生優秀発表賞を受賞しました。
2020年8月7日 大学院生の保田敦司 さんらが、銀河・IGM 研究会2020のグループワーク(AGN観測)で優秀賞を受賞しました。
2020年7月7日 橋本拓也 さんらの研究成果が、2019年度にPASJ誌に掲載された論文中で最も盛んに議論された論文の一つに挙げられました。アルマ望遠鏡による成果です。
2020年6月11日 研究員のDragan Salak さんらの研究成果が国立天文台からプレスリリースされました。 「棒渦巻銀河に特徴的な分子ガスの運動を捉えた」野辺山レガシープロジェクト COMING による成果です。
2020年3月25日(水) 卒業および学位記授与。修士11名が修了。卒研生6名が卒業。
2020年2月21日(金) 修士論文公開発表会で10名が発表した。
2020年2月5日(水) 卒業研究発表会で6名が発表した。
2020年1月29日(水) 教育研究科教科教育専攻理科教育コース修士論文発表会で1名が発表した。
2019年12月21日(土) 「テラヘルツ波が拓く新しい宇宙像」開催(@国立極地研究所)
2019年12月1日(日) 橋本拓也氏が助教として着任。
2019年10月1日(日) Dragan Salak氏が研究員として着任。
2019年09月11-13日 天文学会秋季年会(@熊本大学)。
2019年8月21-23日 大学院入試実施
2019年8月10日(金) 高校生向け大学説明会@筑波大学(@筑波大学)
2019年8月9日(金) 体験学習開催(@筑波大学)
2019年7月22日(月) 研究室体験実施(@筑波大学)、参加者8名
2019年7月13日(土) ひらめきときめきサイエンス開催(@筑波大学)、参加者23名
2019年7月6日(土) 第11回七夕講演会開催(@つくば国際会議場)、参加者80名。
2019年7月5日(金) 推薦入試実施
2019年5月18日(土) オープンキャンバス開催(@筑波大学)。
2019年4月20日(土) 科学技術週間開催(@筑波大学)。
2019年4月8日(月) 大学院前期課程に8名、後期課程に1名が入学。
2019年4月1日(月) 卒研生6名が新たに研究室に配属。