<連絡先>

茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学数理物質科学研究科
物理学専攻宇宙観測研究室
電話:029-853-4281(中井)
筑波大学 WEBサイトへのリンク
トップページ » 南極望遠鏡:ワークショップ(2017/3/2-3)

南極望遠鏡
WS「南極30m級テラヘルツ望遠鏡によるサイエンス」

●開催趣旨

   南極は、極めて優れた観測条件を持つことから、主に赤外線から電波に とって地上最高の観測拠点として、世界中から注目を集めている。日本に おいても、南極天文コンソーシアムが、南極10mの望遠鏡計画を進めている。 南極における天文学は、10mテラヘルツ望遠鏡にとどまらず、さらに大きな 可能性を持っている。 南極天文コンソーシアムでは、10m望遠鏡を発展させた30m級の大口径テラ ヘルツ望遠鏡計画というTMT以後の次期大型計画についても検討を開始している。 平成27年11月には、国立天文台研究集会として“南極で切り開くテラヘルツ 天文学”を開催したところ、60名以上の参加者があり、30m級テラヘルツ望遠鏡 によるサイエンスの検討をより具体的に進めるワーキング・グループが立ち 上げられ、現在8つのグループ(惑星大気、星間化学、星・惑星形成、 銀河面サーベイ、近傍銀河、AGN、銀河形成・進化、時間変動天体)によって 検討が進められている。本研究会では、前回のワークショップにて立ち上げ られた各ワーキング・グループの検討結果を報告していただくとともに、 新たなアイデアや他波長の研究者・理論家とのさらなる連携を探り、本格的に 次期大型計画としての活動を進める。 この研究会は、国立天文台研究集会経費によってサポートされています。  

●日時

   2017年3月2日(木)13:30 ~ 3日(金)17:00

●場所

   国立極地研究所(立川市) 3階の多目的会議室(←3階セミナー室から変更)
     極地研究所への行き方
     極地研究所内の3階の多目的会議室の場所

●講演内容

     プログラム

●講演・参加申し込み

  一般の講演も受け付けます。以下の情報を宛先(久野)までお申し込みください。 講演ありの場合、締め切りは2月10日(金)とさせていただきます。 参加人数把握のため、講演なしの場合も申請フォームをお送り下さい。 そちらは特に締切は設けません。 (申し込みされていない場合も、自由にご参加ください)
=======================
・申込の情報
1.氏名:
2.所属:
3.講演希望:あり・なし
  ありの場合
   講演タイトル:
   概要:
=======================
・宛先:久野 kuno.nario.gt@u.tsukuba.ac.jp

●世話人

    久野成夫(筑波大)、中井直正(筑波大)、瀬田益道(関西学院大)、 関本裕太郎(国立天文台)、徂徠和夫(北海道大)、成瀬雅人(埼玉大)、 土居明広(宇宙研)、宮岡 宏(国立極地研)