<連絡先>

茨城県つくば市天王台1-1-1
筑波大学数理物質科学研究科
物理学専攻宇宙観測研究室
電話:029-853-4281(中井)
筑波大学 WEBサイトへのリンク
トップページ » 南極望遠鏡計画

南極望遠鏡計画ー南極天文学の推進ー

南極大陸内陸部の高原地帯は標高が高い(3000m~4000m)上に気温が非常に低い(-20℃~-80℃)ため、大気中の水蒸気が極端に少ない。 そのため、宇宙から来るサブミリ波~テラヘルツ波~赤外線は大気にあまり吸収されずに地上に届き、 当該波長域の観測において地上では圧倒的に優れた観測場所です。また大気が極めて安定しているため、 ミリ波連続波の超高感度観測にも適しています。この南極内陸部に高精度望遠鏡を設置してサブミリ波・テラヘルツ波観測を実施することを計画しています。     

●研究会

・2017年3月2日-3日「南極30m級テラヘルツ望遠鏡によるサイエンス」
・2015年11月18日-19日「南極で切り開くテラヘルツ天文学」

●望遠鏡建設場所

南極10mテラヘルツ望遠鏡はドームC(フランス・イタリアのコンコルデイア基地)に、 南極30m級テラヘルツ望遠鏡は日本の新ドームふじ基地に建設を計画しています。
  ・南極大陸における建設予定地。色は標高を示す。
  ・大気透過率

●望遠鏡性能

  ・南極10mテラヘルツ望遠鏡
  ・南極30mテラヘルツ望遠鏡

●建設計画

南極10mテラヘルツ望遠鏡は筑波大学から概算要求を行い2024年頃に完成を目指し、 南極30m級テラヘルツ望遠鏡はTMTのあとの次期大型望遠鏡計画として推進することを目指します。
  ・建設計画行程(予定)