光ナノ物性研究室-野村研究室では主に先端光学的手法によるナノメートル構造の新しい物性とナノデバイスの研究を行っています。

光は古典的には、電場と磁場が振動して空間を伝搬する波です。電磁波はスマートフォン等の通信に欠かせないものです。一方で、光はエネルギーと運動量をもつ量子学的粒子、すなわち”光子”とみなすことができます。光子の特別な点は、そのエネルギーと運動量を簡単にコントロールすることができることです。さらに、光子のスピンを電磁波の波の振動方向、偏光、を用いて実験室でにコントロールすることができます。この光子を物質へ入射することにより、通常は簡単にはコントロールできない物質中の電子をコントロールする可能性が生まれます。

光ナノ物性研究室では、先端光学的手法とナノをキーワードに新しい物性とナノデバイスの研究をしています。レーザー技術とナノオプティクス技術を使って光をコントロールしています。その光をナノメートル構造中の電子系へ入射して、その電子状態のコントロールすることができます。また、逆に、ナノ構造中電子系から放射される光からナノ構造中電子系の性質を調べることができ、これまでにない特性を持った光を放出することができます。これは、量子力学の支配する現象の物理の探求であると共に、光センサー、光スイッチ、発光素子、高感度センサー等のたとえば超低消費電力が要求されるアプリケーションへとつながると期待されています。


最近の話題:


本研究室の研究の一部は、文部科学省科研費新学術領域研究トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティアの支援を受けています。

logo lower
















Shintaro Nomura 2017